Standard service - a fixed amount of work that is performed at a fixed price.  Post Service

  

SAP AG Blogs

  • Running your own theia development environment

    02, 25, 2021 | 21:19 pm

    A few weeks ago I was toying with the idea of getting my ABAP remote filesystem extension to work on Business Application Studio. Would make a lot of sense to me to edit ABAP code on

  • Microlearning: Yet another Buzzword or Key Driver of Customer Enablement?

    02, 25, 2021 | 20:00 pm

    In the last years “micro” became popular in the software industry: “micro-services”, “micro-interactions”, “micro-segmentation”, etc. With the microlearning concept becoming increasingly popular, the education industry is not lagging behind. Many of the decision makers in

  • SAP Data Intelligence – SAPシステムとnon-SAPシステムのデータ連携

    02, 25, 2021 | 19:52 pm

    はじめに SAP Data Intelligence(以降、DI)は、「データ管理」と「AIの開発・運用」を一つに統合したソリューションです。詳細については、SAP Data Intelligenceで実現するエンタープライズAIをご参照ください。 本ブログの目的 DIのパイプラインを使うことで、SAPやnon-SAPにまたがってデータが散らばる複雑なランドスケープにおいて、データを効率よく連携・管理できることを理解。 前提知識 ABAP:CDS Viewを書いたことがあるレベル 説明の流れ DI-S/4 HANAとDI-Kafkaの接続設定 パイプライン作成 パイプライン実行 本内容は、IT管理者やデータエンジニアに実施して頂く想定になります。 作成するパイプライン CDS Viewの内容を読み取り、JSON形式に変換した上でnon-SAPシステムに格納するパイプラインを作成します。 non-SAPシステムとしてApache Kafka(以降、Kafka)を使用しますが、Kafkaの知識は必要ありません。 補足)Kafkaとは? 高スループット、かつ低レイテンシなオープンソースの分散ストリーミングプラットフォームです。 1. DI-S/4 HANAとDI-Kafkaの接続設定 ここでは、読み取り対象のCDS Viewを準備し、DIのConnection ManagementからS/4 HANAとKafkaへの接続設定を行います。 補足)Connection Managementは、SAPやnon-SAPの様々なデータソースへの接続を定義し、管理する機能です。ここで定義した接続設定を用いることで、データカタログ機能によりDBのテーブルを確認したり、パイプライン機能によりデータ連携先として簡単にデータソースにアクセスできるようになります。 CDS View準備

  • The next level of Digital Learning –Can it take you all the way to Certification?

    02, 25, 2021 | 18:38 pm

    Many believe, “Digital Learning is great, but not for the real, deep stuff like getting from zero to certified professional”. Can it take you all the way to certification? Latest data from SAP Learning suggests:

  • Lessons Learned: There’s At Least One Good Takeaway From 2020’s Chaos

    02, 25, 2021 | 18:27 pm

    There’s certainly no disputing that 2020 was a disruptive year – and not in the good, ‘groundbreaking-innovation-that-adds-value’ kind of way. More in the ‘turbulent, disorderly, uncertain’ meaning of the overused word: Sudden pandemic-induced restrictions sparked existential fear

PrintEmail